映画「マトリックス レザレクションズ」のあらすじ・結末・感想(ネタバレあり)

映画/ドラマ

作品情報

1999年に公開され、革新的な映像技術とストーリーで社会現象を巻き起こしたSFアクションの金字塔「マトリックス」。
2003年に公開された続編「マトリックス リローデッド」「マトリックス レボリューションズ」で3部作完結となった同シリーズの新たな物語を描く、18年ぶりとなるシリーズ新章。
主人公ネオを演じるキアヌ・リーブスが過去作と変わらず同役を担当するほか、トリニティー役のキャリー=アン・モス、ナイオビ役のジェイダ・ピンケット・スミスらが続投。ネオを救世主と信じ、世界の真実を伝え、彼を導くモーフィアス役を「アクアマン」のブラックマンタ役で知られるヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ネオの宿敵スミス役をドラマ「マインドハンター」のジョナサン・グロフが新たに演じ、ニール・パトリック・ハリス、クリスティーナ・リッチらが扮する新キャラクターも登場する。
シリーズの生みの親であり、過去の3作品を監督しているラナ・ウォシャウスキーがメガホンをとった。
(出典:映画.com)

キャスト

ネオ/トーマス・アンダーソン:キアヌ・リーブス
トリニティ/ティファニー:キャリー = アン・モス
モーフィアス:ヤーヤ・アブドゥル = マティーン2世
スミス:ジョナサン・グロフ
ハッグス:ジェシカ・ヘンウィック
アナリスト:ニール・パトリック・ハリス
サティー:プリヤンカー・チョープラー・ジョナス
ナイオビ:ジェイダ・ピンケット・スミス
グウィン:クリスティーナ・リッチ
レクシー:エレンディラ・イバラ
セコイア:トビー・オンウメール
シェパード:マックス・リーメルト
バーグ:ブライアン・J・スミス
メロビンジアン:ランベール・ウィルソン
エージェント・ジョンソン:ダニエル・バーンハード
ジュード:アンドリュー・コールドウェル
チャド:チャド・スタエルスキ

あらすじ(ネタバレあり)

機械達との戦いの果てに死亡したネオは、機械によって蘇生させられてから長い間マトリックスにつながれ、ネオとしての記憶を自作のゲームのストーリーだと思い込まされた上で、トーマス・A・アンダーソンとして生活させられていた。

トーマス・A・アンダーソンは時折現れる幻覚症状に悩まされ、サンフランシスコで精神科のアナリスト(セラピスト)から精神を安定させるための青いピルを大量に処方してもらいながら生活を送っていた。
自身はゲーム会社のデウス・マキナ社に所属する世界的なゲームデザイナーで、今は「バイナリー」というゲームを開発しており、過去には「マトリックス」という 3 部作のゲームを大ヒットさせた。
「マトリックス」3 部作は主人公のネオが自らの命と引換えに人類を救い物語が完結していたものの、親会社のワーナー・ブラザーズ社から圧力を掛けられ、「マトリックス4」の制作を余儀なくされる。
結果、同僚たちの会議は「リブート」や「リメイク」はない、もしかすると「マトリックス5」も作るかもしれないなどと大いに盛り上がる。しかし、完結したシリーズを再開すること自体にトーマス・A・アンダーソンは難色を示していた。

ある日、トーマス・A・アンダーソンは同僚とSIMULATTE(シミュラテ)というカフェに行き、入店して来たティファニーという子連れの女性に同僚が下心から声を掛けてトーマス・A・アンダーソンを紹介すると、ティファニーは再会を願った。

また別の日、同じカフェで再会して会話をすると、ティファニーには家族がおり子育て中で、ググってトーマス・A・アンダーソンがゲームデザイナーであることや独身であることを知っているとのこと。
さらにティファニーは「マトリックス」のトリニティから影響を受けてバイクを乗り始めたなどと話すが、お互いに本当は誰のことか思い出せずにいた。

その後、トーマス・A・アンダーソンが再び職場で仕事をしていると、オンラインゲームのアップデートを恨んだ14歳の少年から犯罪予告が届き、同僚たちと揃って勤務先のオフィスビルから脱出する必要が生じたが、所持するスマートフォンには何者かがオフィスビルの一角にあるトイレに向かうようにメッセージを送ってくる。
指示通りトイレに向かうと「マトリックス」のキャラクターであるモーフィアスが立っており、赤いピルを見せてネオとして現実世界へ帰還するように迫り、さらには変形する鏡の中に手を入れて仲間に状況を伝えるが、トーマス・A・アンダーソンにとってネオは自身が開発した「マトリックス」というゲームのキャラクターであり、モーフィアスの要求は「自分が作ったゲームの世界に入ってネオになれ」と言っているようなもので、モーフィアスの実体化の件も含めて自身の幻覚症状の再発を疑うしかなかった。
さらにトイレに警官隊が突撃して銃撃戦が始まり、命からがらオフィスに逃げるとエージェント・スミスまで銃撃戦に参加する事態となって、この状況が幻覚であるように願うとアナリストの施術室に居ることに気付く。
アナリストが、施術を受けに来るまでの記憶について質問すると、トーマス・A・アンダーソンは記憶にないと言い、同僚からは自分がビルを飛び降りそうになったところを皆で引き止めたと聞かされたと説明した。
同僚の話から、犯罪予告も銃撃戦もなかったことを推測できた。

ある日の夜、時折フラッシュバックして来るネオとしての記憶は自分自身のことかも知れないと思い、ビルの屋上から飛ぼうとすると、モーフィアスの仲間から制止され、ビルの清掃員として働いていた時に、トーマス・A・アンダーソンがビルから落ちずに飛行するところを目撃してマトリックスに居ることに気付いたとの事実をバッグスから伝えられる。
続いてトーキョーの新幹線車内につながる扉へ案内され、車内のトイレから再度モーフィアスが居る部屋に案内される。
モーフィアスはネオと最初に会った時の部屋を再現して多少なりとも安心させた上でトーマス・A・アンダーソンに対して再度説得を行い、赤いピルと青いピルを差し出して各々の効果を説明すると、トーマス・A・アンダーソンは今まで飲んでいた青いピルではなく、ネオとして赤いピルを服用することを決心する。
その直後、アナリストが現れてネオを鏡に引き込もうとし、居場所を察知した敵が乱入して銃撃戦が起きる。
部屋から急いで逃げたが新幹線も急襲されたため、敵の攻撃を回避して車両のトイレにあった小さな鏡に突入し、荒廃した現実世界の人工子宮で目覚めて起き上がると、突如として現れた見知らぬ機械に身体をサルベージされるとともに、自身と対になった向かい側にある人工子宮に未だマトリックスにつながれている状態のトリニティが居ることを目撃する。

その後は、マトリックスに囚われて偽の記憶を植え付けられ、マトリックスにのみ存在する架空の家族との生活が手放せなくなったトリニティを現実に引き戻すため、ネオは仲間の支援を受けつつ、60年以上というブランクで生じた戦意喪失や能力低下のリハビリをしながら再び戦いに身を投じて行く。

そして、ネオがトリニティを救出する過程で、2人を遺体から蘇生させて高効率な発電機として利用した張本人でマトリックスの新しいアーキテクトでもあるアナリストが立ちふさがるが失敗し、ネオとトリニティが救世主として覚醒した後は、アナリストへの復讐(ふくしゅう)が成功してマトリックスの管理者権限を奪うことになる。
そして、アナリストのマトリックス崩壊への懸念をよそに、ネオとトリニティは全人類のためにマトリックスをより幸福な世界へと改変するべく旅に出た。

その後、デウス・マキナ社の元同僚たちはというと、企画会議で映画もゲームも古いとして、「キャットリックス」という猫の動画シリーズ配信の構想を打ち立てるのであった。
(出典:Wikipedia)

感想

2003年に戦いが終わったことで完結したかに見えた「マトリックス」シリーズ。
それが、同じ主演で復活するとは思いもよりませんでした。
ネオ、トリニティともに歳は取りましたが、昔の面影が残っているためスンナリと新しいストーリーにも入り込めました。
といった感じなので、マトリックス三部作を観ていない人には分かりづらい内容なので、必ず観返してからの鑑賞をオススメします。
ストーリーには色々と重たい意味があるようですが、私は単純にアクション満載の娯楽映画として鑑賞し、そこそこ満足しました。
救世主がトリニティだった…というオチなのか?
観終わっても理解が追いついていない部分もありますが、多分続編が作られて、その中でハッキリと分かり、そして世代交代がなされるような気がします。
最後にもう一度言います、マトリックス三部作を観てから行かないと、楽しさ半減なのでご注意を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました